空隙歯列(すきっ歯)の原因と治療法

歯列の中に不要なすき間が存在している「空隙歯列(くうげきしれつ)」は、“すきっ歯”とも呼ばれていることからもわかるように、見た目の問題にとらわれがちです。しかし実は、見た目以外にも口もとにさまざまな悪影響をもたらします。

ここではそんな空隙歯列の原因や治療法についてみていきましょう。

空隙歯列(すきっ歯)とは

空隙歯列(すきっ歯)

空隙歯列とは、歯列内にすき間が存在している歯並びで、なかでも上の一番前の歯の空隙歯列を“すきっ歯”と表現します。

専門的にはすきっ歯のことを「正中離開(せいちゅうりかい)」と呼び、矯正治療による治療の対象となることが多いです。

空隙歯列(すきっ歯)の原因

空隙歯列の原因は、次の3つに大きく分けられます。

空隙歯列(すきっ歯)の原因1.矮小歯

標準よりも小さい歯を「矮小歯(わいしょうし)」といいます。矮小歯はもともと退化傾向の強い歯に多くみられます。

その他、歯の発育期にビタミンDが不足したり、下垂体の機能が低下したりすることでも生じます。歯のサイズが小さいことで歯列内のスペースが余り、空隙歯列を引き起こします。

空隙歯列(すきっ歯)の原因2.先天欠損歯や歯のない部分がある

私たちの歯は、親知らずを除いて通常の場合には全部で28本生えてきます。そのうちの1~2本が欠けるだけでも歯列内にすき間が生じます。

むし歯や歯周病により歯が抜け落ちた部分をそのままにしておくと、歯が動き歯列内にすき間が生じてしまうことがあります。

また、先天的に歯の本数が通常よりも少ないことで、歯列内にすき間ができることもあります。

空隙歯列(すきっ歯)の原因3.顎や歯列弓に対して歯が小さい

空隙歯列は、歯と顎の骨の大きさのアンバランスによっても生じます。顎の骨が通常よりも大きい場合、スペースが余ることで空隙歯列となることがあります。

また、顎の大きさに対して歯が全体的に小さい場合、相対的にスペースが余ることから空隙歯列となることがあります。

空隙歯列(すきっ歯)による悪影響

空隙歯列(すきっ歯)による影響

空隙歯列を放置すると、次のような悪影響が生じることがあります。

審美的な問題

空隙歯列の中でも上の前歯に現れる「正中離開(=すきっ歯)」は、特に審美的な問題を抱えることが多いです。

上の前歯は笑った時や話したときに目立つ部分であるため、すきっ歯が強いコンプレックスとなってしまう方も少なくありません。

虫歯・歯周病リスクが上がりやすくなる

空隙歯列はその程度にもよりますが、虫歯・歯周病のリスクを上昇させることがあります。

歯列内に不要なすき間が存在することで食べ物が詰まりやすくなったり、プラークがたまりやすくなることがよくあります。

発音が不明瞭になりやすい

すきっ歯に伴いやすい症状のひとつとして、発音障害が挙げられます。歯列内のすき間は“息漏れ”の原因となります。特にさ行などの発音がしづらくなりやすいです。

すきっ歯によって発音が不明瞭になること自体も、コンプレックスになることがあります。

空隙歯列(すきっ歯)の治療法

空隙歯列・すきっ歯の治療法をみていきましょう。

ラミネートベニア治療

ラミネートべニアによる空隙歯列(すきっ歯)治療

ラミネートベニア治療とは、セラミック製の薄いシェルを歯の表面に貼り付ける治療法です。軽度のすきっ歯のように、少しだけ歯のすき間を埋める場合にも適応できます。

すき間の大きさによって適応可能なケースは限られます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正による空隙歯列(すきっ歯)治療

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを装着することで歯を少しずつ動かす矯正治療です。軽度~中等度の空隙歯列の症例に対しては、比較的相性の良い治療方法になります。

ただし、マウスピース矯正では歯を大きく移動することはできません。そのため、中重度~重度の空隙歯列では適応範囲外となります。

樹脂製のマウスピースは透明で目立ちにくく、食事や歯磨きの際に取り外せるというメリットもあります。

セラミック矯正

セラミック矯正による空隙歯列(すきっ歯)治療

セラミック矯正は、セラミックの被せ物を装着することで歯並びを改善する治療法です。

ほか矯正治療と異なる点のひとつが、歯並びと一緒に歯の大きさなども改善することができることです。歯が小さいことで余分なスペースが存在しているような空隙歯列のケースでも適応可能です。

歯並び・歯の大きさ・歯の形や歯の色を同時に改善できる治療法であるため、お口もとの美しさを追求されたい方にも支持されています。

空隙歯列(すきっ歯)の各治療比較表

 ラミネートベニアマウスピース矯正セラミック矯正
治療期間2カ月程度10~15か月程度2カ月~3か月程度
仕上がりの美しさ
適応範囲軽度のみ軽度から中度軽度から中度

空隙歯列は歯や顎の大きさ、歯の本数の異常によって生じやすい歯並びです。

空隙歯列を改善することでお顔の印象が格段にアップすることも多いだけでなく、発音の改善などさまざまなメリットがあります。

ホワイトホワイトでは、クリニックでの無料カウンセリングやzoomを利用したオンラインカウンセリングにて、患者様お一人お一人に合った治療をご提案しております。

まずはカウンセリングにてご相談ください。

Copyright© whitewhite All Rights Reserved.

恵比寿本店

住所:東京都渋谷区恵比寿1-8-1 サン栄ビル8F
診療時間:11:00~21:00
※毎年12/30~1/3休診

LUMINE新宿店

住所:新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿1-8F
診療時間(平日):11:00~21:30
診療時間(土日祝):10:30~21:30
※年中無休(元旦のみ休診)

LUMINE有楽町

住所:東京都千代田区有楽町2-5-1 ルミネ有楽町1-8F
診療時間:11:00~21:00
※年中無休(元旦のみ休診)