口ゴボを解消

お顔がもっこりとして見える「口ゴボ」。

顎の発育や歯並びが原因で口ゴボとなることがあり、顎の小さい日本人に多い症例のひとつです。

重度の口ゴボの場合は口腔外科処置が必要になることがありますが、多くの場合、矯正治療やセラミック矯正で治療することが可能です。

ここでは、口ゴボの主な原因と治療方法について詳しくみていきましょう。

口ゴボとは

WHITENING FEATURE

口ゴボ

口ゴボとは、口もとがもっこりとして見える状態のことを言います。

鼻下が長く前にもっこりと出ているように見える・横からみたときに鼻よりも唇が出ているように見えるといった特徴があります。

口ゴボは遺伝的に顎の小さい日本人に多い症例で、コンプレックスに感じる方も少なくありません。

せっかくお顔立ちが整っていても口ゴボが原因でお顔の印象が悪くなってしまうこともあり、モデルや芸能人で口ゴボを気にされて治療される方も多くいらっしゃいます。

口ゴボの治療には美容整形手術やセラミック矯正治療などがあります。軽度~中度の口ゴボの場合、セラミック矯正によって後戻りなく口もとを美しくすることが可能です。

口ゴボを改善しE-ラインを整えることで、横顔・正面からみたお顔の印象が格段にアップします。

口ゴボの5つの原因

WHITENING FEATURE

口ゴボの原因

アデノイド顔貌による口ゴボ

口ゴボの原因のひとつに、「アデノイド顔貌」があります。

アデノイドとは、鼻から喉の間にあるリンパ組織のことをいいます。4~6歳ころにアデノイドは肥大し、その後は徐々に小さくなります。しかし成長期の喉が狭く骨・筋肉が成長する時期、このアデノイドが空気の通り道をふさいでしまうことがあります。

呼吸がしづらいことで口呼吸の癖がついてしまい、口輪筋が衰え下顎の発育が悪くなってしまうことが原因で、顎が小さくお顔がのびたような顔立ちを「アデノイド顔貌」といいます。

上顎が前に出ている

下顎に比べて上顎が前に出ていることで、上顎がもっこりと見えます。

また、上顎の横幅が狭いと歯列が顎内に収まらなくなり、前歯全体がより前に出やすくなり口ゴボが目立ちやすくなります。

下顎が小さく後退している

下顎が上顎に比べて小さく後退していることで、口ゴボのお顔立ちになりやすくなります。

特に日本人は顎が小さい傾向にあるため、必要に応じて幼少期に顎の発達を促す矯正治療を受け、大人の歯が生えるスペースを確保することが大切です。

噛み合わせが浅い

上顎に比べて下顎が後退している・上顎の前歯が出っ歯になっていることで、奥歯がかみ合わず噛み合わせが浅くなります。

その結果、お口が半開きの状態になりやすくなり、お口の周りの筋肉が衰えて口もとが長く見えてしまいます。

歯並びが悪い

歯並びが悪いことで、口ゴボの状態が悪化しやすくなります。

歯列に歯が治まらないことで歯が前後にがたついてしまったり、上顎の出っ歯がひどくなることでお口もとの見た目のバランスが悪くなってしまいます。

口ゴボの主な治療法

WHITENING FEATURE

顎骨体移動治療

外科処置による口ゴボ治療

顎自体が前に出ている場合、顎骨体移動治療と呼ばれる外科手術が必要になる場合があります。外科手術は美容整形外科等で行います。

口ゴボの原因に応じて、上顎骨体移動術や下顎骨体移動術、上下顎骨体移動術などの外科処置を行い顎骨自体の位置を調節します。

顎骨体移動治療の場合、噛み合わせが根本から治る・顎骨の位置を改善できるといったメリットがあります。

一方で数日~数週間ほどの入院が必要になる・腫れや痛みが伴うといったリスクもあるため、重度のアデノイド顔貌でない限りはあまりおすすめできません。

矯正治療

矯正治療による口ゴボ改善

軽度~中度の口ゴボの症状の場合、必要に応じて抜歯をしながらの矯正治療がおすすめの治療法です。

抜歯を行うことで歯が正しく並ぶためのスペースを確保し、少しずつ歯を動かすことで歯並びを整え口ゴボを改善していきます。美容整形外科などで行われている外科手術が必要ありません。

特にワイヤー&ブラケット矯正の場合、噛み合わせもしっかり改善することができます。また、出っ歯や歯並びのがたつきが原因で口ゴボとなっている場合、セラミック矯正による改善も可能です。

セラミック矯正ではワイヤー&ブラケット矯正に比べて短期間に目立たず口ゴボを解消できるため、芸能人の方にも支持されています。

美容整形治療

美容整形による口ゴボ治療

下あごにヒアルロン酸を注入したりプロテーゼを入れることで、口ゴボを目立ちにくくする美容整形の方法です。

ただし、お顔に異物を入れることになるので、そのリスクが伴うことを理解したうえで治療を受けるようにしましょう。

また、ヒアルロン酸注入の場合、1カ月半~2カ月ほどで元に戻ります。

軽度~中度の口ゴボにはセラミック矯正がおススメ

WHITENING FEATURE

軽度~中度の口ゴボの改善には、セラミック矯正がおススメです。噛み合わせを根本から改善することはできませんが、外科手術やワイヤー&ブラケット矯正に比べて短期間に口ゴボを解消できます。

また、歯並びが後戻りする心配がないのもセラミック矯正の魅力のひとつ。お顔のコンプレックスをしっかり解消することができます。

症例写真でみる口ゴボのセラミック矯正

WHITENING FEATURE

出っ歯2本を治療することで口ゴボを解消

口ゴボのセラミック矯正前
口ゴボのセラミック矯正前
口ゴボのセラミック矯正前

セラミック矯正前

口ゴボのセラミック矯正後
口ゴボのセラミック矯正後
口ゴボのセラミック矯正後

セラミック矯正後

治療期間:1カ月半

通院回数:5回

副作用(リスク):一時的に歯がしみたり、かみ合わせの違和感を感じることがあります。

前歯2本が出っ歯の状態になっていることで、横顔がもっこりと見えるのを気にされていた患者さまの症例です。美容整形とセラミック矯正どちらで治療をするかお悩みになっていらっしゃいました。

「横を向いたときに口ゴボに見える」ということをコンプレックスに感じていらっしゃいました。セラミック矯正で前歯2本の出っ張りを解消し、横を向いた際にも上顎と下顎のバランスがキレイに整うように調整しました。

また、まわりの歯にホワイトニングを行うことで、お口全体を白くし清潔感のある印象に仕上げました。

料金

セミデザイン・オールセラミッククラウン2本135,000円×2
仮歯2本5,000円×2本
スタンダードホワイトニング12本 2回68,220円
合計348,220円

【LUMINEカードでお支払いの場合】
通常348,220円→330,809円

【5回分割払いにする場合】
69,644円/月(無利子)×5回払い

前歯4本を改善し口ゴボを解消

口ゴボのセラミック矯正前
口ゴボのセラミック矯正前
口ゴボのセラミック矯正前

セラミック矯正前

口ゴボのセラミック矯正後

セラミック矯正後

治療期間:2カ月

通院回数:6回

副作用(リスク):一時的に歯がしみたり、かみ合わせの違和感を感じることがあります。

前歯4本が前に出ていることで、お口もとが長く見えてしまう・口ゴボに見えてしまうことをコンプレックスに感じていらっしゃった患者さまの症例です。

前歯2本が出っ歯になっているだけでなく隣の歯が前歯よりも前に出ていることで、全体としてお口もとが前に出ている・もっこりとしたお口もとの印象になっていました。

前歯4本にセラミック矯正を行い、前歯の位置を調整しました。セラミック矯正を行ったことで口ゴボの印象が解消され、横顔もキレイなE-ラインに整いました。

「コンプレックスだった出っ歯と口ゴボが解消されて嬉しい」とおっしゃっていただけました。

料金

セミデザイン・オールセラミッククラウン4本135,000円×4本
仮歯4本

5,000円×4本

ベーシックホワイトニング8本3回

56,160円

合計

616,160円

【LUMINEカードでお支払いの場合】
通常616,160円→585,352円

【5回分割払いの場合】
123,232円/月(無利子)×5回払い

WHITENING FEATURE

口ゴボやアデノイド顔貌と呼ばれる症例は、顎が小さい日本人に多いです。モデルや芸能人の方にも、口ゴボをコンプレックスに感じていらっしゃる方が少なくありません。

軽度~中度の口ゴボのご状態の場合、セラミック矯正によって1カ月半~2カ月ほどで治療を完了することができます。

ホワイトホワイトでは、症例写真をお送りいただくことで簡易的なお見積もりをお出ししたり、治療内容をご紹介する無料LINE相談も実施しております。

ドクターが患者さまおひとりおひとりに合わせて丁寧にご回答いたしますので、「私の口もとはセラミック矯正で治療できる?」「費用はどれくらい?」などまずは無料LINE相談でお気軽にご相談ください。

恵比寿本店

住所:東京都渋谷区恵比寿1-8-1 サン栄ビル8F
診療時間:11:00~21:00
※毎年12/30~1/3休診

LUMINE新宿店

住所:新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿1-8F
診療時間(平日):11:00~21:30
診療時間(土日祝):10:30~21:30
※年中無休(元旦のみ休診)

LUMINE有楽町

住所:東京都千代田区有楽町2-5-1 ルミネ有楽町1-8F
診療時間:11:00~21:00
※年中無休(元旦のみ休診)