セラミック治療で歯の神経を抜くメリット・デメリット

セラミック矯正やセラミック治療では、あらかじめ歯の神経の治療が必要になることがあります。

セラミック治療を考えられている方のなかには、歯の神経の治療に抵抗がある方もいらっしゃるかと思います。

しかし歯の神経の処置を行うことで、治療の幅が広がったりセラミックに必要な土台作りをしっかりと行えたりとメリットも多くあります。

セラミック治療の方向性を選んでいただくうえでも、歯の神経を抜く治療のメリットやデメリットをしっかりと理解しておくことが大切です。

セラミック治療で歯の神経の処置が必要なケース

DENTAL NERVE

歯の神経を抜く必要があるケース

1.大きな虫歯がある場合

セラミックを被せる歯にもともと大きな虫歯がある場合、虫歯を全て取り除いてからセラミックを被せる必要があります。

虫歯が深いと神経を刺激して後々お痛みが出てしまったり、歯が膿んでしまうことがあります。

痛みや化膿を予防するためにも、あらかじめ神経の消毒が必要になります。

2.歯の大きさを大きく変えたい場合

例えばまわりの歯に比べて前歯が大きく、セラミック治療によって前歯を小さくしたい・長さを短くしたいといったご希望のある場合、その分だけ歯を多く削る必要があります。

神経の処置を行わずに治療をすすめると歯を削った刺激が神経に伝達し、後々お痛みが出てしまうことがあります。

痛みを予防するためにも、神経の処置が必要になります。

3.歯並びを大きく変えたい場合

セラミック治療では、歯を削りそのうえに土台を立てていきます。

歯の神経を抜くと、神経を抜かなかったときに比べて土台の傾きや位置を自由に変えることができるため、歯並びを大きく変えることができるようになります。

例えばセラミック矯正によって大きく前に出ている前歯を内側に入れたり、凸凹のある歯並びを理想的なスマイルラインに近づけることができるようになります。

セラミック矯正によって出っ歯や口ゴボ・ガミースマイルなどをしっかり治したいケースでは、歯の神経の処置が必要になることが多いです。

4.噛み合わせが深い場合

噛み合わせが深い場合も歯の大きさを大きく変えたい場合と同様に、歯を多く削る必要があります。

これは噛み合う歯とセラミックを被せる歯の間にセラミックの厚さ分のスペースを確保する必要があるからです。

この場合も後々お痛みが出ないために、あらかじめ神経の処置を行う必要があります。

歯の神経を抜く「抜髄」の処置とは

DENTAL NERVE

歯の神経を抜く処置である「抜髄」の一連の流れについてみていきましょう。

1.麻酔をして大まかな神経を取り除く

歯の神経を取り除く電動リーマー

まず歯を削る部分に麻酔の処置を行い、お痛みが出ないことを確認します。その後、神経管の消毒をするために歯に小さな穴を開けていきます。

その小さな穴部分にリーマーやファイルといった専用の器械を入れて、歯の神経を取り除いていきます。

2.神経管の隅々まで消毒・無菌化する

大まかな神経を取り除いた後、神経管の隅々まで無菌状態にすることを目指します。

専用の器械を使った神経管のお掃除と薬液による洗浄、お薬での消毒を繰り返し行います。

神経管の状態によっては穴を開けた部分に仮の蓋をし、何度か通院いただきます。

3.根詰めをして将来的な感染リスクを予防する

神経管の中が無菌化された後、空洞になった神経管にお薬を詰めていきます。このお薬を詰める作業のことを「根詰め」といい、細かい管部分や神経管の先端にまでしっかりとお薬を詰めることが将来的にセラミックを長持ちさせることにつながります。

神経管の先端までしっかりとお薬を詰めることで、神経管内で細菌が増殖するのを防ぐことができます。

この歯の神経の処置の一連の流れは、2~3回ほどで完了することが多いです。

通院回数は神経管の状態やもとの歯の状態によって異なります

セラミック矯正で歯の神経を抜くメリット・デメリット

DENTAL NERVE

全ての治療にはメリットとデメリットがあります。セラミック治療で歯の神経を抜くことのメリット・デメリットをみていきましょう。

メリット

  • 治療の幅が広がる
  • 歯の大きさや歯並びを大きく変えることができる
  • 将来的に痛みが出たり知覚過敏の症状が出るリスクを減らすことができる
  • 深部まで達した虫歯もしっかり取り除くことができる

デメリット

  • 一度抜いた神経を元に戻すことはできない
  • 虫歯や炎症の変化に気づきにくくなる

歯の神経を抜くことは歯を痛めることにつながるのか

DENTAL NERVE

歯の神経を抜くと将来的に歯を抜かないといけなくなってしまったり、歯を痛めてしまうのではないか?といったご質問をいただくことがあります。

歯の神経を抜くこと自体が、歯を痛めることにつながるわけではありませんが適切な歯の神経の処置が行えていなかった場合に、将来的に歯を痛めてしまったり炎症を起こしてしまうことがあります。

歯の神経を抜くこと自体が歯を痛めるわけではない

歯の神経の治療を適切に行えば、神経を抜くこと自体が歯を痛めることにはつながりません。神経の入っていた管をすみずみまでしっかりと消毒して無菌化し、神経の代わりとなるお薬を細い管部分や神経管の先端までしっかりと入れることが健康な神経管を長く維持することにつながります。

また、適切な歯の神経の処置を行うことで、歯の傾きを大きく変えて前歯や口もと全体の歯並びをキレイに整えたり理想的な歯の大きさ・形にするといった治療の幅を広げることができます。

セラミック矯正自体は、ほか矯正治療や審美治療では得られないメリットの多い治療法です。

神経の治療に限らず、治療自体のメリット・デメリットを患者さまご自身が理解したうえで治療実績や治療技術のしっかりとした歯科医院を選ぶことが重要です。

セラミック矯正と歯の神経の処置について

歯の神経の処置とセラミック矯正について

セラミック矯正で歯の神経を抜くメリット・デメリットについてお話ししました。

どんな治療にもメリットとデメリットが存在するため、各治療についてよく理解したうえでご自身に合った治療法や歯科医院を選ぶことがとても大切です。

ホワイトホワイトでは、長く健康的なお口もとをキープしていただける治療技術ときめ細かな診療に力を入れております。患者さまおひとりおひとりのお口もとの状態をきめ細かく把握し、ご希望を伺ったうえで最適な治療をご一緒に考えご提案いたします。

セラミック治療や歯の神経の処置について、ご不安なことやご不明なことがありましたらお気軽にご相談ください。

Copyright© whitewhite All Rights Reserved.

恵比寿本店

住所:東京都渋谷区恵比寿1-8-1 サン栄ビル8F
診療時間:11:00~21:00
※毎年12/30~1/3休診

LUMINE新宿店

住所:新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿1-8F
診療時間(平日):11:00~21:30
診療時間(土日祝):10:30~21:30
※年中無休(元旦のみ休診)

LUMINE有楽町

住所:東京都千代田区有楽町2-5-1 ルミネ有楽町1-8F
診療時間:11:00~21:00
※年中無休(元旦のみ休診)