口ゴボ治療の種類と選び方を徹底解説

口ゴボとは

TREATMENT TYPE

口ゴボとは横顔になったときに鼻の頭と顎先を結んだ線(Eライン)よりも口元が出た状態を言います。

口ゴボの原因は歯並びや骨格、遺伝や習癖など様々です。また、それらの原因が複合的に関係して口ゴボの状態となっていることも少なくありません。

口ゴボの方は、口が閉じにくいことで口呼吸が習慣化していることも多いです。口呼吸による弊害が生じたり、顎まわりに余分な力が入ることで顎に梅干し状のしわができたりと様々な症状が生じます。

また、口もとが突出していることでお顔のバランスが悪くなるなど、審美的なお悩みを抱える方も少なくありません。

口ゴボのお悩みは欧米人に比べて鼻の低い日本人に多く、当院にも口ゴボ治療をご希望される患者さまが多くいらっしゃいます。

口ゴボ治療の種類と適応

TREATMENT TYPE

口ゴボ治療として代表的なものに美容整形・マウスピース矯正・セラミック矯正が挙げられます。

各治療の適応症例や治療の特徴についてみていきましょう。

1.美容整形による口ゴボ治療

顎が前に出ていることで口ゴボの状態となっているような、重度の口ゴボの場合には美容整形が適応になります。

美容整形による口ゴボの治療では、セットバック法(上・下顎分節骨切り)という手術が一般的です。

セットバック法による口ゴボ治療の種類

セットバック法には、上顎のみ後ろに下げる「上顎分節骨切術」と上顎と下顎どちらも後ろに下げる「上・下顎分節骨切り」の二つの方法があります。

セットバック法では、顎の左右4番目の歯を抜歯し、抜歯した歯のスペースを利用して骨ごと顎を後ろに下げ、チタンプレートで骨を固定します。

手術後は、抜歯した歯のスペースを埋めるために歯列矯正を行います。

2.マウスピース矯正による口ゴボ治療

マウスピース矯正による口ゴボ治療

前歯が少しだけ前に出ていることで口ゴボになっている場合は、マウスピース矯正が適応になることがあります。

マウスピース矯正では、前歯を内側に入れられる範囲に限りがあります。また、歯を動かすことのできる向きも限られているため、軽度の口ゴボのみ適応症例となります。

マウスピース矯正による口ゴボ治療の特徴

マウスピース矯正は、マウスピースを装着することで少しずつ歯を動かす治療法です。

透明なマウスピースはワイヤー矯正に比べて器具が目立ちにくく、より手軽に歯列矯正を行うことができます。

3.セラミック矯正による口ゴボ治療

セラミック矯正による口ゴボ治療

セラミック矯正は、歯を削ってその上にセラミッククラウンと呼ばれる被せ物を被せることで歯並びを整える治療法です。

どれくらいまで内側にお口もとを入れられるかは、セラミック矯正を行う本数などによって変わってきます。

セラミック矯正の場合、歯が突出することによる軽度~中重度の口ゴボが適応になります。

セラミック矯正による口ゴボ治療の特徴

セラミック矯正ではワイヤー矯正やマウスピース矯正のように矯正器具を装着する必要がなく、ほか矯正治療に比べて短期間に口ゴボを改善することができます。

歯が内側に入ることでお口の閉じにくさも改善され、顎まわりに余分な力が入った状態が解消されることで梅干しじわの改善も期待できます。

また、歯の色や大きさ・形も一緒に整えられるので、より口もとの審美的な美しさを追求されたい方にも支持されています。

口ゴボ治療で改善できるポイント比較表

TREATMENT TYPE

 適応症例顎の位置歯の突出感改善Eラインの改善歯の大きさ・長さ・色口の閉じにくさ梅干しじわ
美容整形顎の突出による重度の口ゴボ下げられる×
マウスピース矯正前歯の突出によるごく軽度の口ゴボ下げられない×××
セラミック矯正前歯の突出による軽度から中重度の口ゴボ下げられない

各口ゴボ治療のメリット・デメリット

TREATMENT TYPE

各口ゴボ治療のメリット・デメリットをご紹介します。

1.美容整形

【メリット】

  • 重度の口ゴボも適応になる
  • 顎の位置も内側に下げることでEラインを大きく変えることができる
  • 顔の印象を大きく変えることができる

【デメリット】

  • 顔の腫れや痛みが伴う
  • 抜歯が必要
  • 腫れが完全に引くまでに半年ほどかかる
  • 入院やダウンタイムが必要
  • 術後顔にゆがみが生じることがある
  • 手術後に歯列矯正も必要
  • 治療費が高額になりやすい

2.マウスピース矯正

【メリット】

  • 矯正器具が目立ちにくい
  • ワイヤー矯正に比べてしっかり歯磨きをすることができる
  • 食事中は器具を外すことができる
  • 手軽に歯列矯正ができる

【デメリット】

  • 治療期間が長期間
  • 適応症例が限られる(軽度の口ゴボのみ)
  • Eラインやフェイスラインを変えることはできない
  • マウスピースを1日18~20時間以上装着する必要がある
  • マウスピース装着による違和感が出ることがある
  • 治療完了後に多少の後戻りが生じる

3.セラミック矯正

【メリット】

  • 軽度~中重度まで幅広い症例に適応
  • 短期間に治療が完了する
  • ほか矯正治療に比べて費用を抑えることができる
  • 通常通りの生活をしながら治療ができる(ダウンタイムの必要や顔の腫れの心配がない)
  • 歯の大きさ・長さ・色も整えられる
  • Eラインの改善も期待できる
  • 矯正器具を装着する必要がない
  • 後戻りが生じない

【デメリット】

  • 歯を削る必要がある
  • 顎の位置を変えることはできない
  • 重度の口ゴボは適応外

口ゴボ治療の費用と期間を比較

TREATMENT TYPE

各治療に必要な平均的な費用と治療期間をご紹介します。

1.美容整形

【費用】

110万円~220万円程度

【治療期間】

入院または日帰り治療+ダウンタイム+歯列矯正期間

2.マウスピース矯正

【費用】

66万円~132万円程度

【治療期間】

1年~2年程度

3.セラミック矯正

【費用】

前歯2本26万円~

【治療期間】

2カ月~3カ月程度

口ゴボ治療の比較まとめ

TREATMENT TYPE

 費用治療期間ダウンタイム抜歯の必要性後戻り器具の装着
美容整形

110万円~220万円

入院または日帰り治療+ダウンタイム+歯列矯正期間

必要必要なし必要
マウスピース矯正

66万~132万円

1年~2年ほど

なし必要なしあり必要
セラミック矯正

26万円~

2カ月~3カ月

なしほとんどの場合必要なしなし

必要なし

ご自身に合った口ゴボ治療をみつけるポイント

TREATMENT TYPE

口ゴボの原因はお一人お一人異なります。

まずはご自身の口ゴボの状態となっている原因を理解し、その原因に対してアプローチできる治療法にはどのようなものがあるのか知ることが重要です。

また、各口ゴボ治療のメリットやデメリット・相場などを把握し、ご自身の価値観に合った口ゴボ治療を選んでいただくことが大切だと思います。治療法を選ぶ際のポイントを詳しくみていきましょう。

1.ご自身の口ゴボの原因を知る

まずは、何が原因で口ゴボの状態となっているのかを知ることが大切です。

ご自身では正しく診断できないこともあるため、専門の医師や歯科医師に相談してみましょう。

また、一つではなく複数の要因によって口ゴボとなっているケースも多いです。

口ゴボの原因を一つ一つ把握し、優先的なものから治療するとより効果的です。

2.各治療のメリット・デメリットや概要を知る

口ゴボの代表的な治療法には美容整形、マウスピース矯正、セラミック矯正などがあります。

同じ口ゴボ治療でも美容整形は骨格を変える・マウスピース矯正は歯列矯正・セラミック矯正は歯に被せ物をする補綴治療とジャンルが全く異なります。

各治療法の治療方針をよく理解し、メリット・デメリットや仕上がりの違いなどを知ることが大切です。

3.治療で優先したいことを考え価値観に合った治療を選ぶ

口ゴボ治療は治療方法よって治療期間や目安費用・後戻りの有無や仕上がりなどが異なります。

それぞれの治療の特徴を理解し、治療の中でご自身が優先したい事柄をまとめたうえで治療を選ぶと良いでしょう。

監修歯科医師

ホワイトホワイト総院長・石井府中

ホワイトホワイト総院長・石井先生

経歴

  • 昭和63年3月:日本歯科大学卒業
  • 昭和63年7月:都内歯科医院勤務
  • 平成7年4月~:石井歯科クリニック開院
  • 平成10年2月:医療法人社団マリア会設立恵比寿本店開院(東京都渋谷区)。理事長兼総院長就任
  • 平成14年1月:ルミネ新宿店 開院(東京都新宿区)
  • 平成23年4月:ルミネ有楽町店 開院(東京都千代田区)

KUTIGOBO FEATURE

ホワイトホワイトでは、マウスピース矯正やセラミック矯正による口ゴボ治療を行っています。


ご自身ではセラミック矯正は適応ではないと考えられている場合や、美容整形でないと口ゴボを改善できないと思われている場合でも、実はセラミック矯正で口ゴボを改善できるといったケースは大変多いです。

「できるだけ費用を抑えて口ゴボを治したい」「後戻りなく口ゴボを改善したい」など、まずは口ゴボ治療についてお気軽にご相談ください。

Copyright© whitewhite All Rights Reserved.

恵比寿本店

住所:東京都渋谷区恵比寿1-8-1 サン栄ビル8F
診療時間:11:00~21:00
※毎年12/30~1/3休診

LUMINE新宿店

住所:新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿1-8F
診療時間(平日):11:00~21:30
診療時間(土日祝):10:30~21:30
※年中無休(元旦のみ休診)

LUMINE有楽町

住所:東京都千代田区有楽町2-5-1 ルミネ有楽町1-8F
診療時間:11:00~21:00
※年中無休(元旦のみ休診)